ナイキサッカーシューズ特集|ナイキサッカースパイク 新作モデル一覧

ナイキサッカーシューズは四つのシリーズがあります。異なるブランドは、個人身体状況、技術レベルやプレイヤーの習慣により、デザインする専門的な異なるなサッカースパイクです。この四つのシリーズは、高精度、ゴールタッチ、ゴールコントロール、スピードという意味を表します。サッカーシューズは、二つのスタイプがあります。サッカースパイクとサッカースニーカーです。また、ハイ・カットとローカットも分けています。これからはナイキサッカーシューズ近年まで発表されたサッカースパイク 新作四つシリーズを紹介します。
ナイキマーキュリアルというのは、ナイキ会社がスピードタイプサッカー選手のため創るサッカーシューズです。これは爆発的な加速力で他のプレーヤーを圧倒することができるシリーズだと言えます。適用対象は主にウイングやフォワードというようなスピードタイプのプレイヤーです。同じ10メートルの距離では、「マーキュリアル」は、プレイヤーが30cm以上を走ることができます。
ナイキマジスタは2014年のFIFAワールドカップで正式にサッカーシューズ市場へ進みました。今まではもう2年になりました。このシューズはブラジルワールドカップの最終戦でプレイヤーを助けてゴールを決して殺すことに攻め込んで、1ゴールで頂上に到達することができました。新世代のゴートロル靴のヘッドとして、マジスタは非常に良い答えを生成するように見えます。
「ハイパーヴェノム」は名前通り、蜂の敏感度があり、足元をより柔軟にすることができ、足が動くときにより快適で、拘束のは意味がないことができるナイキサッカーシューズです。ハイパーヴェノムのアッパーは最新の「NIKESKIN」という技術を採用しています。NIKESKINは、柔軟なメッシュ素材を採用して、ポリウレタンフィルムと組み合わせで、ナイキのACC技術も使用されます。こういうシステムは、湿潤または乾燥状態で、サッカーの靴が同じコントロール能力を持っているということです。
ナイキサッカースパイク 新作史上において、最も魅力があるナイキサッカーシューズシリーズとして、「ティエンポ」は字面通り伝奇な存在だと言えます。より上質なカンガルーレザーを採用するとともに、内蔵したミッドフットケージや、一体型シュータンを採用して、フィッティング・ボールタッチ性が進化しているのがこの最新サッカースパイクのポイントです。アッパーの素材はカンガルーレザーを採用しています。また、撥水性のあるNew Tiempo Adaptiveカンガルーレザーを採用し、優れたフィッティングと足なじみの良さを生み出し、快適なプレーをサポートしています。